買い物かごを見る 会員ページ ご利用案内 お問い合わせ サイトマップ
RSS
壁材セメントパテ材漆喰(しっくい)コンクリート目地材モルタル石こう
軟弱な地盤の改良に!熱を加えずに手軽に舗装!水中でも硬化します!コンクリート・ALC板等の欠損部分に!耐熱を要する箇所に!

自分でやろう住まいのチェック!

住まいの傷みは、早ければ早いほど、補修が簡単になり費用の発生も抑えることができます。是非、シーズン毎の住まいのチェックをおすすめします。
こまめなお手入れと補修が大切な家を長生きさせてくれます。

屋根は長年風雨にさらされ紫外線などの影響を受けています。早めの点検・早めのメンテナンスをしましょう。特に、築10年以上の場合は是非チェックを!

  
雨漏りはないですか
壁や天井にシミはないですか
室内から・・・
天井や壁に雨漏りの跡やシミがないかチェックして下さい。
シミが見られる場合は屋根裏を覗いて確認してみて下さい( 断熱材を入れることが一般化している現在では、断熱材に雨水が吸い込まれ、 少々雨漏りしても水滴もシミも見えないこともあります。 断熱材を取り除いて点検することが必要な場合もあります)
屋根を見る
●瓦が浮き上がったり、ガタついていたりしていませんか。瓦が割れていたり、ズレていたりする箇所はありませんか。
●瓦を少し持ち上げて下を見て下さい・・・瓦の下の漆喰部分が黒くなっていたら、 要注意 !水が浸入して、カビが生えている可能性があります。漆喰が剥がれているだけであっても、土が流れ出ているような場合は浸水している可能性があります。
>>>>瓦の補修材
※屋根の上にのぼっての点検・補修の際は、危険が伴います。作業時の安全対策を十分にとってください。

外壁は常時太陽光(紫外線)、風雨、雪、気温の変化等、厳しい条件下に さらされています。
室内とちがって、外壁は意外と後回しになってしまいませんか?
放っておくと手間も費用もかさんでしまいます。
そうなる前に適切な時期の点検とお早めのメンテナンスをおすすめします。

  
亀裂はないですか
壁面のはがれ、ふくれはないですか
壁面などにカビやコケが発生していませんか
軽くこすって、手に白い粉がつきませんか
(これはチョーキング現象(白亜化)といい、 熱・紫外線・風・雨などのために塗面が劣化し、 塗装表面が次第に粉状に消耗していく現象で 、防水性も無くなってきてしまいます)
シーリング部分にヒビ、破損はないですか
モルタル壁のヒビ・・・横に入った小さなヒビに比べると縦のヒビ、窓枠の角からのヒビなどは要注意です。
ヒビや亀裂があると、雨水が浸入し下地が腐食したり、継ぎ目のコーキング部分(数年で縮んだり亀裂がはいったりします)から雨水が浸入すると、外壁材やコーキングの浮きやハガレ・変色、カビの発生 など困った状態がおこってきます。
モルタル外壁の欠損は、ヒビ割れよりも深刻な状況です。 放置しておけば建物の外観を損ねるのはもちろん、その建物の寿命に影響を 与えますので早めに補修をしましょう。
>>>>外壁の補修材

壁が汚れたり傷んだりヒビ割れてきたら、早めに応急処置をしておきましょう。繊維壁、砂壁、しっくいなど、種類は違っていても、ヒビ割れやはがれの補修、汚れ落としは思ったより簡単にできます。広範囲の傷みや全体的な汚れの場合は思い切って塗り替えを考えてみて下さい。意外とカンタンに塗れて、お部屋のイメージもリフレッシュできます。

ひび割れやはがれ落ちはないですか
シミやカビや汚れはないですか
手で触って壁材が落ちてくることはないですか
和室の壁には、漆喰(しっくい)、京壁、繊維壁、砂壁などがあります。 日本の気候・風土に適応していて、一般的に調湿性・断熱性・防火性・防音性などにも優れているといわれています。また、刷毛、コテやローラーなどでさまざまな表情を楽しむこともできます。
【漆喰壁】
消石灰に砂と糊などを混ぜ、ひび割れを防ぐため麻などの繊維質を加えて水で練り上げた、日本独自の塗り壁材です 。 耐火性、耐久性が高いのが特徴です。 漆喰は、日本古来より使用されてきた自然素材として、高温多湿な日本の気候にあった壁材と言えます。また、シックハウス症候群に対してもたいへん有効で信頼を得ています。
【京壁】
京壁とは 土壁の一種で、じゅらく壁とも言われています。 京都を中心に発達したもので、上塗りに、聚楽土などの色土に石灰や麻の繊維などを加えたものを用います。 一般的には、きめ細かい、ざらざらした素材感の仕上げを京壁仕上げと言い、京壁の中で聚楽土をつかったものが「 聚楽壁」と呼ばれています。
落ち着いた味わいある風合いの京壁は、お客様をもてなす和室や応接間にとてもよく似合います。
【繊維壁】
パルプや紙繊維、化学繊維などをのりで混ぜて水で練った塗り壁仕上げ材です。
優しく 綿のようにふんわりとした感じの仕上がりで吸音性や調湿作用があり、 ひび割れ汚れなどが目立たなく 施工しやすいのが特徴です。
>>>>内壁の塗り替え
※ボロボロ落ちてくる壁の補強には『 かべの表面強化剤』をおすすめします。
老朽化した繊維壁・砂壁・じゅらく壁・土壁等の表面を強化します。
スプレータイプですので手も汚さず作業が簡単です。

一日の疲れを癒してくれる入浴タイム・・・清潔でリラックスできる空間であることが重要です。湿気の多い浴室内では壁面のカビやシミ、タイルのヒビ・欠けや割れ落ち、シーリング材の剥がれ等の問題が起きてしまいます。こまめな換気と掃除を心がけましょう。

 
壁面がカビ跡やシミで汚れていませんか
タイルにヒビ割れや欠けはないですか
浴槽のまわり、窓、出入口の枠等にすき間はないですか
目地材が剥がれていませんか

タイルのヒビ割れや欠け、目地のハガレなどのトラブルを放置しておくと、そこから徐々に水が滲み込んで内部の木材を腐らせていきます。

タイルの裏側は目で見て確認できない部分なので、大事に至る前に補修しておきましょう。

>>>>タイルの補修材

ベランダの防水も気候条件や経年、使用状態やメンテナンス等によって雨漏りなどの原因となることがあります。ベランダでガーデニングを楽しまれる方も増えていますので、床面や排水などをしっかりチェックすることが大切です。

ヒビや欠けなどありませんか
床にたわみや変形はないですか
亀裂はないですか
水たまりができていませんか
・施工面の汚れなどは出来る限りキレイにしてから作業しましょう。 水やデッキブラシなどで洗った場合はしっかりと乾燥してから作業にはいってください。
・排水のつまりが原因となっていることがあります。落ち葉やゴミが詰まっていないかチェックしてください。
・ベランダ床のヒビや欠けなどは、パテ材などを使って補修しましょう。
>>>>ウメールパテ
>>>>防水セメント

家の基礎となる土台の木部が腐ったり、白アリの害を受けないためには、床下の湿度を外部環境以下にすることが重要です。

風通しは良いですか
 (換気口をエアコン室外機や物などでふさいでいませんか)
床下の地面がジメジメと湿っていませんか
土台の腐りや、シロアリの痕跡はありませんか
【床下を覗いてみましょう】
まず床下への入り口ですが、台所に床下収納庫があればそこから入れます。
無い場合は和室の畳を上げ、床板をクギを抜きで剥がせば床下に入れます。
汚れてもいい服装でマスクと軍手をして点検して下さい。
木くずやゴミが落ちているようでしたら、きれいに掃除して下さい。
残しておくと白アリが繁殖しやすい環境をつくることになってしまいます。

風通しが良いことが大事な家の基礎を守ります。
>>>>床下の換気対策

ページトップへ